校章

飯田市立川路小学校

学校からのお知らせを見る
〒399-2431 飯田市川路3477-1 TEL 0265-27-2011 FAX 0265-27-4637 E-mail kawasc@ed.iidanet.jp

学校からのお知らせ(携帯版)QRコード

のびのび表現した郡市連合音楽会

11月7日(火) 4、5、6年生は、第70回の郡市連合音楽会に参加し演奏してきました。

多くの保護者の皆さんに会場の飯田文化会館まで足をお運びいただきありがとうございました。これまでの練習の成果をのびのびと発揮し満足いく発表ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

郡音は小中合同のステージになって15年目になります。この形で郡市連合音楽会を実施している地区は下伊那のみではないでしょうか。近年、小・中連携による『生きる力の育成』が叫ばれ、飯田市内すべての中学校区でも小中連携・一貫教育が実施されるようになりました。郡音は、それに先駆けこの15年で小・中が一緒に感動を分かち合う確かな場となってきました。毎年「中学生の歌声に感動し、自分たちもあんなふうに歌えるようになりたいと、憧れをもった子がたくさんいました。」「小学生と中学生が同じステージで、一途に歌う姿が大変素晴らしく、涙が出ました。」等の声が聞こえてきます。子どもたちの歌声が響きあう下伊那ならではの伝統として、今後も大切に継続していくことを願っています。

 

<子どもの感想より・・・・>

私達6年生にとって最後の郡音がありました。始めにみんなで「翼をください」を歌いました。発声練習という役割もあったので「HEIWAの鐘」の「LA」をしっかり出せるようにていねいに歌いました。あち第一小学校が終わり,ステージに上った時はそれほど緊張しませんでした。K先生が指揮を始めてからは,ピアノの音に注目してビートを感じました。出だしの「LA」は気持ちをこめられたしテンポをくずさないように歌いました。その後のDのところでは気持ちをガラッと変えて歌うことができました。最後としてくいのない最高の郡音になりました。

 

郡音を終えた子どもの日記には、上記のような感想が書かれていました。学んできたことを、精一杯気持ちを込めて表現し、それを聴衆が感じ取ってくれたと実感できたのではと思います。

郡音を聴きに来てくださった保護者の方から次のような感想を寄せてくださいました。

郡音を観に行きました。川路小、すごくきれいな歌声で感動しました。とても上手でした。来年はおばあちゃんも誘って観に行きたいです。ありがとうございました。

 

演奏後に客席から、「うまい」「すごい」「たいしたもんだ」といった他校の子どもたちや先生のつぶやきが聞こえてきました。

子どもたちは、自分たちの歌を聴いてくれる人に伝えようと、様々に表現を工夫しながら友と音楽を作り上げ、それをステージで思い切って歌った満足感や他校の表現を聴いて感動したことなど喜びを感じることができたのではないかと思います。

 

 

 

 

 

ページの先頭にもどる